随時更新中!

mintxxx.hatenablog.com

 

私的ハロプロ楽曲大賞'16

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

 この記事って2016年のうちに書いておくべきだったのでは?と書きながら思いつつの投稿です(笑)

 

  • 各楽曲のポイント数は初期値となっております。
  • 楽曲部門のみ
  • あくまで”私的”なので実際の楽曲投票の順位とは異なります。

以上の点を頭に入れてお読みください。

5位 大人の事情 (Juice=Juice/NEXT YOU)

大人の事情

大人の事情

  • NEXT YOU
  • J-Pop
  • ¥250

 

ドラマ「武道館」の劇中歌。主題歌の「Next is you !」と一緒にシングルに入るのかと思いきや、「武道館」のDVDに封入されているCDへの収録となったこの曲。正直この曲のMVが見たかったし、A面シングルで売り出して欲しかった・・・。歌詞は、ドラマをそのまま反映しており"大人の事情で何故恋をやめなければいけないの?わたしは君のそばにいたいだけなのに………"というすごくアイドルオタクの胸にクリティカルヒットをキメていくものです。結構歌詞がアイドルについて考えさせられるものがあるので、アイドルが好きだというオタクには一度聞いていただきたい。大サビの"大人の事情で 私の自由を奪い去っていかないで 側にいたいだけ"と甘く切なく歌いあげる宮本佳林ちゃんは国宝にしていいと思う。この曲を学園時代の一十木音也くん(うたの☆プリンスさまっ♪の登場人物)に聞いてもらいたい……。きっと彼ならこの曲に共感してくれるはず……。

 

 

4位 泡沫サタデーナイト! (モーニング娘。'16)


モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』(Morning Musume。'16[Ephemeral Saturday Night]) (Promotion Edit)

 

リリース時、ジャニヲタ等を巻き込み"泡沫コラ"なるものが流行った一曲。娘。の十八番(近年は封印してましたが)とも言えるディスコチューン。9期メンバーの鈴木香音ちゃんの卒業シングルでもあります。"泡沫"と銘打っているだけあって、とても盛り上がる楽しい曲なのに終わりが近づくにつれ、何故か泣けてきちゃう。という不思議な曲。楽しい時間は一瞬しかない、だから今を楽しめ!というメッセージが聞こえるような気がします。現場での『うーたかた!』コールが楽しすぎるので新たな娘。の代表曲とも言えるのではないでしょうか?"泡沫コラ"が流行っていた時期に、Youtubeの娘。公式チャンネルにDance Shot ver. や LIVE映像等を挙げればもうちょっと一般層にも広まったんじゃないかと思うと少し悔しいです。

 

3位 ムキダシで向き合って (モーニング娘。'16)

 


モーニング娘。'16『ムキダシで向き合って』(MORNING MUSUME ‘16[Confront With Bare Nakedness])(Promotion Edit)

 

 一般ウケはしないんだろうな、と思いつつもわたしの中で久々にヒットを決めた曲。タイトル通り、プライドや見栄など下らないものを全て捨てて丸裸になった女の子がそのままムキダシでぶつかっていくというなんかもうすごくカッコイイ歌詞です(語彙力)。ハロプロの歌詞に出てくる女の子って、男の子に守ってもらう可愛いか弱い女の子、じゃなくて色々なことに悩んだりぶつかったりするけれど、その壁をぶち壊して男の子と対等になろうとする女の子像が多い気がするんですが、実際守ってもらうだけの女の子なんて漫画だけの世界なので。ミリも共感出来ないのでもう本当にこういう歌詞大好き!!!!歌詞の"大好き 大嫌い どちらも本音よ 気持ちの 振り幅 愛は万華鏡"とかもう分かりみがマリアナ海溝より深かったです。サウンドが滅茶苦茶カッコイイのに突然「スッピンのあなたで 勝負できる?」とか言うので最初は「はい!?」って感じになりますが、聞いてるうちにこれでこそハロプロ・・・って気分になってくるのでやばいです(笑)

 

2位 夢幻クライマックス (℃-ute)

夢幻クライマックス

夢幻クライマックス

 


℃-ute『夢幻クライマックス』(℃-ute[Dreamlike Climax])(Promotion Edit)

 

道重さゆみさんのファンを公言するシンガーソングライター大森靖子さん作詞・作曲。流石ハロオタというか、歌詞の中にメンバーの名前が隠れているというトリックがあります。また、我武者LIFEのMVの際、卒業したメンバーも含めて℃-uteだという話を汲んだのか、卒業した3人のメンバーの名前も歌詞の中にあるという…!曲調も大人っぽいシックなもので℃-uteにしか歌えない、そんな楽曲です。歌詞が解散を決めた℃-uteのことを指すようなものがあり、特にサビの"夢幻クライマックス 最後の夜 エンドレスを刻め 斬新に"には大森さん自身の℃-uteへの想いも込められているのかな…なんて思ったり。あまりハロプロでは見かけないタイプの曲なので、増えてほしいです。

 

1位 恋はマグネット (カントリー・ガールズ)

 


カントリー・ガールズ『恋はマグネット』(Country Girls [Love is a Magnet]) (Promotion Edit)

 

王道アイドルソングが少ないハロプロの中で唯一王道を歩むカントリー・ガールズの一曲。山木梨沙さんと稲葉愛香ちゃんの二人がいてくれて本当によかった・・・!と思う曲です。初めて聞いた時、まなかんの"目覚める第六感で 撃ち抜いて"のすごく透明感のあるアイドルボイスに撃ち抜かれました。曲調は本当に綺麗なガラス細工のようなメロディが印象的で、歌詞が意外とふんわりとはしているのですが、"つまずいたフリでハグしちゃおかな?"なんて小悪魔だったりするギャップがとてもよいです。多分この歌詞に出てくる女の子は年上で、年下の男の子が自分に踏み込んでくるようきっかけをあげているんです。けれど、男の子は踏み込んで来たと思ったらまた逃げたり、と磁石のようにくっついたり離れたりを繰り返してる。でも、女の子ははやく自分を捕まえてほしい・・・というストーリー(を妄想してしまう)。カントリーにはこういう透き通るような曲をたくさん歌って欲しいです・・・!

 

 はやくも1月も半ばですが、2017年のハロプロ佐藤優樹ちゃんのステージ活動休止と相川茉穂ちゃんの活動休止、 娘。と指原莉乃さんコラボによるサシニング娘。、結成20周年企画第一弾のモーニングコーヒーリメイク曲モーニングみそ汁、森戸知沙希ちゃんのファースト写真集発売決定など、新年が始まったばかりとは思えない濃ゆさですね。

モーニングみそ汁に関しては、日本のよく聞くプロポーズの言葉「毎朝君の味噌汁が飲みたいな・・・♡」を思い出しました。いや、プロポーズで「モーニングみそ汁飲もうよ~♪二人で~♪」って言われるのどうなの!?って感じですが(笑)

 

今年もゆる~くハロプロを応援していこうと思います。とりあえず、娘。20周年記念アルバム発売を見越して貯金します(笑)