随時更新中!

mintxxx.hatenablog.com

 

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 6tnSTAGE 5/27公演レポ

f:id:mintxxx:20170530095934j:image

 はい!というわけで、『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 6tnSTAGE』略してプリライに行って参りました~!!!!いや~いろいろありましたが楽しかった!

いつも通り自己満足レポになります。今回は長文になったので目次作ってみました!押せばバビューンと飛ぶ仕組みです。ネタバレ一切考慮していないので、読むときは自己責任でお願いします。当方一切責任は負いません。

 

目次

 

 

キャスト

一十木音也 寺島拓篤
聖川真斗 鈴村健一
四ノ宮那月 谷山紀章
一ノ瀬トキヤ 宮野真守
神宮寺レン 諏訪部順一
来栖翔 下野紘
愛島セシル 鳥海浩輔
寿嶺二 森久保祥太郎
黒崎蘭丸 鈴木達央
美風藍 蒼井翔太
カミュ 前野智昭
鳳瑛一 緑川光
皇綺羅 小野大輔
帝ナギ 代永翼
鳳瑛二 内田雄馬
桐生院ヴァン 高橋英則
日向大和 木村良平
天草シオン 山下大輝

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター公式サイトより引用

 

※以下多大なるネタバレ含みます。

セットリスト

      1. マジLOVEレジェンドスター
      2. QUARTET★NIGHT
      3. テンペスト
      4. KILLER KISS
      5. ハルハナ
      6. Melting of snow
      7. オン・ユア・マーク!
      8. BE PROUD
      9. シンクロニズム
      10. DAY DREAM
      11. NIGHT DREAM
      12. Be the light!
      13. 初恋をまた始めよう
      14. Tears in love
      15. Give Me True Love
      16. 甘美なるアルカディア
      17. I Swear…
      18. Brilliant Days
      19. マジLOVE1000%
      20. HE★VENS GATE-Beginning of the Legend-
      21. HE★VENLY PARADE
      22. Mighty Aura
      23. Grown empathy
      24. Lasting Oneness
      25. Lovely Eyes
      26. Visible Elf
      27. JUSTICE IMPULSE
      28. NEXT DOOR
      29. God's S.T.A.R.
      30. 不滅のインフェルノ
      31. WE ARE ST☆RISH
       ★アンコール
      1. 夢を歌へと…!
      2. マジLOVEレジェンドスター

 

1.マジLOVEレジェンドスター

マジLOVEレジェンドスター

マジLOVEレジェンドスター

  正直1曲目なのであまり覚えていない…。とあるトラブル(後述)により、客席があまり埋まっていなかったのですが、とても盛り上がりました。センターステージ上で突如謎の球体が膨らみ始めたかと思えば、割れてその中からST☆RISH登場!す、すごい!!!!!!アイドルだ~~~~~~!!!!!!!!!

 あとは、「きら星のリングを その薬指に」という歌詞のところで、キャストさんの薬指がスクリーンに出るのですが、みなさん今回のグッズのリングライトが輝いていました!!!これはプリンセスも薬指につけるしかねえ!!!!!

 

2.QUARTET★NIGHT

QUARTET★NIGHT

QUARTET★NIGHT

  正直歌うと思ってなかった…。前野さんが青のカラコン+明るい長めの茶髪に恒例のリングライト!蒼井さんは、暗めの金髪に藍ちゃんと同じ髪色のエクステ(?)で藍ちゃんヘア。マイクを持つ側の指には、羽がぶら下がってました!鈴木さんは、髪に赤いメッシュが入っていました。この曲だったかな?蒼井さんが前野さんの肩に手をポンと置いた瞬間悲鳴が上がり、前野さんがちょっとニヤリとしてました(笑)

 

3.テンペスト

テンペスト

テンペスト

  圧巻の歌唱力。トキヤが音也へ向けた曲というコンセプトのせいか、ペンライトは紫が多く、ちらほら赤の方がいました。嵐の演出があったのですが、雨の中ずぶ濡れになって歌う宮野さんが凄く心に訴えるものがあって、すごいという言葉して出てこないです。歌い終わると自然に会場内で拍手が起こっていました。

 

4.KILLER KISS

KILLER KISS

KILLER KISS

  正直、QUARTET NIGHTは単独ライブをしたばかりだったので、歌うのはグループ曲ばかりでHE★VENSのソロ多めかな~なんて思って全く聞いていかなかったので、今回のカルナイの新曲はほぼ初聞きです(白目)。そのためあまり覚えていない…。スクリーンいっぱいに倉花先生の美しいジャケ写が映し出されてそれに見とれていた記憶しかないです。ごめんなさい。


5.ハルハナ

うたの☆プリンスさまっ♪ アイドルソング 蘭丸&藍(初回限定盤)

うたの☆プリンスさまっ♪ アイドルソング 蘭丸&藍(初回限定盤)

 

  この曲も記憶に残ってないです…。倉花先生の麗しいジャケ写に見とれてました。すまん…。


6.Melting of snow

Melting of snow

Melting of snow

 聞いた瞬間「え、カミュ様!?え!?この曲カミュ様が歌ってんの!!!???可愛すぎか!!!!!????(初聞き)」と動揺。

 可愛い。これに尽きる。歌が可愛いことはもちろん、もう前野さんが本当に可愛くて!今回はステッキ無しでダンサーさんを連れて踊る感じだったのですが、振り付けがめっちゃ可愛かった!手でハートを作ったり、新聞読んだり、ティータイムがあったり。曲の終わりに椅子の上で足を組んで座る前野さんがスクリーンに抜かれて悲鳴が上がるのですが、かっこいい表情をしているのに、堪えきれず口の端がニヤリと上がっていて可愛かったです(笑)


7.オン・ユア・マーク! 

オン・ユア・マーク!

オン・ユア・マーク!

 腰しか覚えてません!!!!!!!!!!腰を振る森久保祥太郎さんに悲鳴が上がるの会場。わたしも悲鳴。QUARTET NIGHT最年長、貫禄の色気でした。あの腰振りはエロい。エロすぎる。ちなみにこの曲ではマラカス封印でした(笑)ちなみに家でちゃんと聞いてみたらめっちゃいい曲でした。不勉強でごめん…。


8.BE PROUD

うたの☆プリンスさまっ♪ アイドルソング 蘭丸&藍(初回限定盤)

うたの☆プリンスさまっ♪ アイドルソング 蘭丸&藍(初回限定盤)

 

 しんどい。他の3人とは違って、一切踊り無しのスタンドマイクで歌うのみ。けれど、魂の叫びと言うか訴えかけるものがあって、ペンライトを握りしめて聞きいってしまいました。歌い切った時にほう、っと溜息をついてしまう素晴らしさ。鈴木達央さんすごい、、、。カルナイの新曲は初聞きだったのですが、この曲が一番心に響きました。


9.シンクロニズム

うたの☆プリンスさまっ♪ アイドルソング 蘭丸&藍(初回限定盤)

うたの☆プリンスさまっ♪ アイドルソング 蘭丸&藍(初回限定盤)

 

 あざとーーーーい!!!!お尻をふりふりする振り付けがあるのですが、そのときスクリーンにアップで映り出される蒼井さんのお尻に悲鳴をあげるプリンセスたち(笑)スタッフさん分かっておる、、、(笑)指と指の間から目を覗かせてぱちんってしたり、本当にあざと可愛かったです、、、。

10.DAY DREAM

DAY DREAM

DAY DREAM

      記憶違いでなければ、センターステージで暴れまくってました(笑)特に谷山さんが大喜びで客席に向かって、ボールが飛んでいくバズーカみたいな機械を振り回してました(笑)(ボールじゃなくて煙だったかも)

 

11.NIGHT DREAM

NIGHT DREAM

NIGHT DREAM

 DAY DREAMとは打って変わって正面ステージでスタンドマイクを使って大人っぽく歌い上げます。セシルちゃんがエロかった気がする、、、。興奮しすぎて記憶飛びました。


12.Be the light!

Be the light!

Be the light!

「今日は特別にHAYATOも連れてきました。」
「おーはやっほー!みんな元気だったかにゃー?」
宮野さんがトキヤとHAYATOを交互に演じ分けながら歌いあげてました!HAYATOの時の走り方が手をブンブンって感じでとっても可愛かったです(笑)

HAYATOもわたしの一部です。」と最後に言っていて、あんなに学園時代HAYATOと一緒にされるのを嫌がっていたトキヤがこんな風に歌にHAYATOを登場させられるまでになるなんて…。と感慨深いものがありました。


13.初恋をまた始めよう

初恋をまた始めよう

初恋をまた始めよう

  • 来栖 翔(CV.下野 紘)
  • アニメ
  • ¥250

 さすが来栖翔。ステージ上ではなく、ネット裏の客席の中から登場という距離の近さ。翔ちゃんの曲の中ではしっとりしていますが、この曲でもサビで男気タオルを振り回していました(笑)正直この曲でタオルは振らないと思っていたぞ!

14.Tears in love

Tears in love

Tears in love

  聞き惚れてしまった、、、。生演奏+歌で勝負でした。言葉一つ一つに思いが込められていて、伸び伸びとした歌声に泣くしかない。本当に凄かった。


15.Give Me True Love

Give Me True Love

Give Me True Love

 突然スクリーンにアップで映し出されるオレンジ色のセグウェイ。ま、まさかの諏訪部さん、セグウェイに乗っての登場に笑う会場。センターステージを縦横無尽にぐるぐるとセグウェイで駆け回っていて楽しそうでした(笑)さすが御曹司。センターステージから正面ステージへ向かう花道でセグウェイを乗り捨てる姿もとてもレン様。(ただ坂道でガンッってなっているようにも見えたんですが気のせい?)

 こちらのオレンジに乗っているように見えたので、レディのみなさまは是非!!!(?)


16.甘美なるアルカディア

甘美なるアルカディア

甘美なるアルカディア

  「にゃ~~~~ん。」という鳴き声とともにステージ上に突如現れたのは、黒猫を抱いたショタ。ザワつく会場。ショタが煙に包まれたかと思いきや、鳥海さん登場!クップルがセシルになった〜〜〜!!!!!魔法や~~~~~!!!!!!いつも通りあまり踊っていた記憶が無いのですが、この演出素晴らしかったです。ぜひ次はASASのように空飛ぶ絨毯に乗って登場して欲しい。

 

 17.I Swear…

I Swear...

I Swear...

 ついにステージ上にダムが現れる。噴水演出の中歌う鈴村さん(よく見えない)。水が綺麗で幻想的でしたが、大分ジャバジャバしてました。ジャバジャバする水の中上がっていくステージで歌う鈴村健一さんの構図は結構面白かったです。


18.Brilliant Days

Brilliant Days

Brilliant Days

 音也〜〜〜〜〜(涙)

一番のサビあたりから登場したちびっこダンサー達に囲まれて歌う音也くん、、、。寺島さんを中心にちびっこ達が手を繋いで囲んだり、寺島さんとちびっこが手を繋いでにこにこしたり、寺島さんが泣いてるちびっこの背中を撫でて慰めてあげたり、、、もうそこにいたのは紛うことなき一十木音也でした。ちびっこ達が向日葵を手に持って振り出したあたりから、泣き出すプリンセスたち。

 そして最後に「音也!」と嬉しそうに声をかけながら登場した宮野さんと抱き合って、ST☆RISH全員集合。泣かないわけがない。


19.マジLOVE1000%

マジLOVE1000%

マジLOVE1000%

 QUARTET NIGHTも集まって、曲の前フリに「俺たちの始まりの歌知ってるよね!」と言われて、深読みオタク正直「こ、これは!!!!!ついに!!!!!Welcome to UTA☆PRI RAINBOW world! 歌うのでは!!!!????」と大期待したのですが、マジLOVE1000%でした。深読みしすぎてすまん、、、。
 やっぱマジLOVEシリーズの中で、1000%が一番コールしやすいですよね。会場めちゃくちゃ盛り上がってました!歌割りは、後輩のパートを先輩が一部貰って歌う形でした〜!


20.HE★VENS GATE-Beginning of the Legend- 

 やっと!やっと来ましたよ!HE★VENSの出番!!!!!登場は正面ステージが上がって、あのアニメの7つの塔の上からの登場シーンを再現。焦らされた分、待ってましたとばかりにみんなのコールがめちゃくちゃ凄かった(笑)Angelsコールの時みんなペンラを頭の上で回す振り付け再現が最高に楽しかったです(笑)えんじぇーっ!!!!


21.HE★VENLY PARADE

HE★VENLY PARADE

HE★VENLY PARADE

 たしかトロッコに乗ってた気がします。興奮しすぎて何も思い出せない…。 


22.Mighty Aura

Mighty Aura

Mighty Aura

  なんだこの逸材は…?あの宮野真守さんと同等に歌・ダンスが出来る上にビジュアルまで兼ね備えている内田雄馬さんって何者なんですか…???ダンスバトルみたいな振り付けがあって、二人とも楽しそうににこにこしながら歌っていて、まさに共闘という感じ。内田雄馬さんお姉さまの内田真礼さんと大変仲がよろしい、ということ以外全く知らなかったので、こんなすごい子だとは思っていなかった…。期待の大ホープですね。


23.Grown empathy

Grown empathy

Grown empathy

  • 四ノ宮那月(CV.谷山紀章)&帝 ナギ(CV.代永 翼)
  • アニメ
  • ¥250

 この曲一番今回のデュエットの中で好きです。(どうでもいい情報) 2人ともアニメと同じく手のひらに「Let's」「shouting!」が書いてあったのですが、ラスサビで谷山さんが手を前に出したのに、代永さんが手を出すのを忘れていて、慌てて合わせて出していました(笑)


24.Lasting Oneness

Lasting Oneness

Lasting Oneness

 一塁側のサイドステージと三塁側ステージがクレーンのように上がっていって上空で歌う2人。デュエット曲なのにえらく距離が遠いな、、、。と少し思いました(笑)


25.Lovely Eyes

Lovely Eyes

Lovely Eyes

 スタンドの通路にトロッコで登場。ただこの曲、トラブルが発生してヴァンがトロッコにおらず、デュエット曲にも関わらずレン様一人で歌うことに。(恐らくマイクトラブルなのかなと思っています。)事態を察したプリンセスたちがヴァンのソロパートを歌い、何とかカバー。一番のサビあたりからヴァンも戻ってきて、レン様のトロッコに追いつくため物凄い勢いで飛ばしてました。西武ドームあまり床が平面じゃなくて凸凹してるので、真上を諏訪部さんが通ったのですがかなりガタガタ揺れていて、高橋さん危なかったんじゃないかな、と少しヒヤッとしました。


26.Visible Elf

Visible Elf

Visible Elf

 正面ステージ横にあった気球に乗って登場。気球位置固定かと思いきや、スタッフさんが引っ張って動く仕組みでした。曲もしっとりした感じなので、気球でまったり動く感じがよかったです。


27.JUSTICE IMPULSE

JUSTICE IMPULSE

JUSTICE IMPULSE

  • 来栖 翔(CV.下野 紘)&日向大和(CV.木村良平)
  • アニメ
  • ¥250

 毎度恒例のフライング!空中でパンチしたり蹴ったりと大分アグレッシブでした。ミュージカルピーターパンみたい(偏見)。下野さんが手を離してクルクルと回り始めたと思えば、木村さんも回ってて本当に凄かったです!


28.NEXT DOOR

NEXT DOOR

NEXT DOOR

  • 一十木音也(CV.寺島拓篤)&鳳 瑛一(CV.緑川 光)
  • アニメ
  • ¥250

 もしプリライに行ってなくてDVDやシネライで観ようと思っている音也担のプリンセスは覚悟しておいて欲しいし、出来るならこのネタバレを観ないでおいてもらいたいです。引き返すなら今がチャンスだ!
 なんかもう本当に凄かった、、、。一塁側サイドステージに立った寺島さんは、棒立ち+目が死んでいる状態で歌い出します。スクリーンにもアニメの目が死んでいる音也が映し出され、観客からざわつきが起こります。だって今までのプリライで寺島さんがこんなに生気がなかった事なんて無くて、いつも音也スマイルを浮かべていたのに、もう動揺しかない。そしてその生気がないままゆっくりとした歩みでセンターステージへと歩き出します。反対側のサイドステージから歩いている緑川さんの歩みはしっかりしているので、もう対比がすごい。あまりの衝撃にペンラを振った記憶が無いです。

 けれど、ゆっくりとした歩みが段々しっかりとした歩みに変わっていき、センターステージで緑川さんとそれこそぶつかり合うように感情を込めて歌い上げる寺島さん、、、。最後には笑顔を取り戻した2人に会場からは自然に拍手が起きました。本当に、寺島拓篤さんが一十木音也でよかった、、、!


29.God's S.T.A.R.

God's S.T.A.R.

God's S.T.A.R.

  「WOW WOW…」を聞くとどうしてもモーニング娘。のLOVEレボリューション21を思い出します。友人はマックを思い出すそうです。それは置いといて、「WOW…」のコールめっちゃ楽しいです。NEXT DOORでみんな息をのむようにして見守っていたのが嘘のように「WOW…」してました。会場の一体感が半端なかった(笑)


30.不滅のインフェルノ

不滅のインフェルノ

不滅のインフェルノ

  ふーめつのいんふぇるのっ!正面ステージで4人(瑛一・綺麗・ヴァン・大和)が上昇していくステージに、その前で3人(ナギ・瑛二・シオン)が踊っていました!HE★VENSは可愛い系がダンス担当で微笑ましいです。


31.WE ARE ST☆RISH

WE ARE ST☆RISH!!

WE ARE ST☆RISH!!

  「闇に光を」の歌詞のところでアニメみたいに段々ペンライトが灯っていく演出やりたかったんですけど、あれは結構難しいですね。セトリをあらかじめ知っていないと難しい…。いつかやれたらなあ。やっぱり生で聞くWAS☆は音源よりやばかったです。特に「さあ今 キスよりすごい 歌が本当にあったとわかる」のところで本当に涙ぐんじゃいました…。「さあ 今ここに始まる キスよりすごい音楽たち」というフレーズがやっぱり頭に浮かんで…。ここのパートは本当に卑怯ですよね。泣かせに来てます。

 

★アンコール

1.夢を歌へと…!

  グループごとにトロッコに乗っての登場。ST☆RISHHE★VENSは一台に乗りきらないので3:4ぐらいで2台に分かれてました。ST☆RISHはさすが6回目の貫禄というか、そういったものを感じました。HE★VENSは仲良しですね!みんな肩組んだりわちゃわちゃしたり本当に可愛かった~!


2.マジLOVEレジェンドスター

マジLOVEレジェンドスター

マジLOVEレジェンドスター

  「最初の方間に合わなかったレディいる?」という諏訪部さんの問いかけに挙がる多くの手。「えっ、こんなにいるの!」と驚くキャスト陣。「それじゃあ今から最初に歌った曲もう一回やるからね」という諏訪部さんの前フリから2度目のマジLOVEレジェンドスターがスタート。一度目よりもみんな気合が入ってのコールでした。確かこの曲で銀テが噴出。めっちゃ最高でした!

 

 最後はマイク使わず、みんなで手をつないで「ありがとうございました~!!!」

HE★VENSQUARTET NIGHTが先に捌けて、ST☆RISHがスクリーンが完全に降りるまで隙間から手を振ってくれました。そしてスクリーンにはSee you again!の文字が。こうしてプリライ初日は幕を閉じたのでした。

 

MCまとめ

 いつのタイミングでどの話をしていたのか忘れちゃったのでMC一括にして覚えてるのだけまとめます(酷い)。

  • (Brilliant Daysが終わった後捌ける子供達に)「おつかれさま~!」「おかしいっぱいあるからね、食べていいからね」「おもちゃもあるよ~!」多分声かけてたのは宮野さんと寺島さん?
  • 鈴村さん「ついにダムを決壊(ソロの演出のこと)することができました!(めっちゃ嬉しそう)」
  • 緑川さん「HE★VENSのポーズこれ(薬指と人差し指を立て、手の甲を外に向ける)だから是非やってね~。でもね、こうしちゃうと(手できつねをつくる)こんこん!きつねさんになっちゃうからこっち(くるりと手の甲を外に向ける)にしてね~」説明する緑川さんの隣でうんうん頷く内田さん…!
  • ?「緑川さんが真っ先にHE★VENSのグループLINEにスタンプを送ってきて…」 緑川さん「そうなんですよ、HE★VENSのグループLINEを作って、スタンプ見つけたので自分のキャラのをみんなで送りあって…」
  • 鈴村さんによるうたプリ情報局「DVD&Blu-ray発売決定・劇場版新作アニメ決定」

 感想

 いやーめっちゃ楽しかったです〜!!!!!プリライのコールとペンライトの振り方とかって、ジャニーズ系と二次元オタク系の狭間!って感じがしてちょっと新鮮でした(笑)個人的にはQUARTET★NIGHTの「デンジャラスで アチチな時間すごそーか」\れいじー!/ってコールを入れたかった(笑)この曲合いそうなのになあ〜(笑)
 今回初出演だったHE★VENSは緑川さんを中心にみんな仲良しですっごく可愛かったし、内田雄馬という秘密兵器が現れて今後もすごく楽しみです!ただやっぱり3グループ合同LIVEって中々難しいな、と思いました。限られた時間の中で、3グループそれぞれの見どころを平等に作る、、、となると、今回のトラブルが無くてもちょっと時間が足りなかったのかな?って思ったり。もし今後も3グループ合同のLIVEをやるなら、デュエット曲やグループ曲に絞って、ソロはグループごとの単独LIVEで歌うのが望ましい形かな、って思ったんですけど、いかんせん円盤の売上が落ちてるから難しいのかな〜。
 とにかく!わたしが次に望むのはST☆RISH単独LIVEです。ソロ曲は人気投票で上位二曲を歌う!なんてあったらいいな〜。あと、今度こそ"Welcome to UTA☆PRI RAINBOW world!"を歌ってほしいです。何気この曲一度も歌われて無いですからね!
うたの☆プリンスさまっ♪という作品が今後いつまで続くかは分かりませんが、可能な限り応援していきたいな、と思わせてくれる素敵なLIVEでした!うたプリ最高~~~~~!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リストバンドの件について

 Twitterでプリライより先にリストバンドがトレンド入りしてしまったのでご存知の方もいらっしゃると思うのですが、1日目に参加した者として書き記しておきたいと思います。

まず、当日の当方のタイムスケジュールを載せておきます。時間は大体なので正確では無い可能性がありますがご了承ください。

 

10:41 池袋着
会場付近にお店が無いとのことだったので、はやめに昼食を取り、また公演後のために軽食の購入。

12:30 アニメイト本店前
始発で池袋物販に参加していた知人に代行を頼んでいたため、頼んでいた物を受け取る。

13:08 池袋発

13:46 西武球場前着

14:00 リストバンド列に並ぶ
駅前から人混みが流れているところに合流。リストバンド交換はこちら という看板の方向だったので、列なのか分からないままとりあえずついていくことに。

14:50 フラスタを通り過ぎ、テントが見えるようになる。

15:00 テント前の縦に並ぶ区画に到着

15:20 リストバンド交換終了。

16:13 会場内の座席着。
開演20分切っているにも関わらず空席が目立つ。

16:30 開演時間。
場内に特にアナウンス無し。相変わらず席は空席が多いまま。

16:45 プリンスからの開演のアナウンス。
開演だと思いこれ以降携帯の電源を切るが、アナウンス後も始まらない。

17:00 開演。
体感アナウンスから10分前後ぐらいで、公式からの謝罪文にも17:00開演と書いてあったので17:00とした。先程までよりは席が埋まっているものの、二曲でLIVE停止。

17:⁇ 三曲目開始。
おそらく5〜10分ぐらいの間があった。

17:⁇ 四曲目開始。
また5〜10分ぐらいの間があったような。これ以降は特に問題なく進行。

 

今回何故リストバンドの交換に時間がかかってしまったのかにわたしは
①スタッフさんの数が足りなかった
②池袋で物販をやることを考慮していない
の2つが挙げられると思います。

 

 まず、①スタッフさんの数が足りなかった について

わたしが会場に着いた時には既にごった返しており、駅から人混みが流れているので取り合えず付いていく、という感じでした。正直何故人混みがその方向に流れてるのかもよく分からない。少ししたら”リストバンド交換受付はこちら”みたいな看板を持ったスタッフさんがいらっしゃって、そこで初めて「この先でリストバンド交換するのか~」みたいな感じ。少なくとも交換場所であるライオンズサッカーパークに入るまでは、列というより人混みに流されている感じでした。サッカーパークに入ってからも恐ろしい人の数でなんだかよく分からない列だし、普通あそこまで人が多かったら「何列になってください!」とスタッフさんが列を形成してくれると思うのですが*1、それもなくよく分からないままついていく。並んでいるときに見たスタッフさんは2人ぐらいしか見た記憶ないです。しかも特にスタッフさんに何も言われていないので、自分が並んでいる列が本当にリストバンドなのか、それとも物販なのか、というのが分からないまま並んでいました。ようやくテントが視界に入る位置について愕然としたのが、リストバンド交換所の少なさ。「え?3万~4万人の客を本当にあの3つくらいしかないテントで捌くの?」という疑問。さらに、列の流れ方もめちゃくちゃで内側はほとんど動かないまま、外側は流れが速いという状態。

 そしてやっと、テント前の列へ。ざっと見た感じではスタッフさんの数は20名ちょっと。その20名というのも、一人は身分証明書を確認+半券もぎり係、もう一人はリストバンドを手首に着ける係、と二人一組でした。

 

仮に客が3万人、スタッフさんが10組とすると

30,000÷10=3,000

で、一組3,000人前後を捌かなきゃいけないんですよね。

 

そしてこの3,000人を開演30分前までの間(10:00~16:00)に捌くとすると

3,000÷(6×60)=8.3333333...

つまり、分速8人強

 

結構身分証の確認をしっかり行っているので、分速8人は正直無理があるかな、と思います。このことから、例え客が混むのを見越してはやめに来たとしても全員は間に合わないのではないでしょうか?

 

 次に②池袋で物販をやることを考慮していない です。

当方、12:30頃にアニメイト本店前にて始発で池袋の物販に並んでいた知人と会っていますが、彼女は物販が終わってすぐにこちらに直行してくれました。とすると、始発で並んでいた方がそのまま池袋駅に直行したとしても、乗れる電車は12:30~13:00ぐらいのものになります。また、会場付近は何も無いので池袋で昼食を摂ってから向かった方や、始発には間に合わなかったけれど並んでいた方などを考慮すると、池袋の物販後に客が西武球場へ着く時間帯は大体14:00~15:00ぐらいになるのかな、と思います。

 会場でも物販は行っていましたが、会場で使用するライトなど必要最低限のものだけ。事前物販もありましたが完売が続出しており、そこで入手出来なかった方や代行が頼めなかった方、地方住みの方などが池袋の物販に流れるのは当然ともいえます。恐らくなのですが、ここまで池袋の物販の方に客が流れるとは思っていなかったのではないでしょうか。

 実は、2日目の7:30頃池袋の物販に並んだのですが人数が少なく、販売開始から1時間以内に買えそうな位置にいました(並んでいる途中に目当ての物が完売したため、列を抜けてしまいましたが)。それとは逆に、会場の物販+リストバンド交換所は朝から混みあっていたそうです。これは恐らく、前日の騒動を受けて急きょ池袋の物販を取りやめ、朝から会場の方へ向かったからなのではないかと思います。そのおかげもあってか、開演一時間前には列が捌けていたようです。

 池袋でも物販をやっている以上、またいくら会場にたこ焼きなどの軽食が売ってるとはいえ、ファミレスなどが無い立地の会場を選んだ以上は、物販後・昼食後にやってくる客で混みあう可能性があることを想定しておくべきだったのでは、と思います。

 

「開場は14:00なんだし、10:00からリストバンド配ってたんだからはやめに行けばよかったじゃん!!!!」という意見はごもっともなんですが、冷静に考えて10:00にリストバンド交換して近隣に何もない+暑い中開演までの6時間近く、何をしてればいいと言うのか。また、いくら開場時間に会場についたとはいえ、開演より2時間半前に来たのに1時間以上並ばされるのはおかしいのではないでしょうか?時間に余裕をもってお越しください、とありますがあの分だと開演1時間半前(15:00)に会場に着いた方は間に合ってないのでは、と思います。普通のLIVEだったら1時間半前についてれば余裕で座席についてると思うのですが…。

 

 結構LIVEの途中で新幹線の都合なのか帰ってしまう方を見たので、予定通りに開演していれば本当はもっと曲数聞いてから帰れたんじゃないのかな、と思うと非常に残念です。今回は見積もりの甘さが招いた結果なので、次回からは是非改善していただけたら、と思います。

 

 それにしても、日頃から受注販売をしているのだからグッズを受注販売してLIVEまでに届くようにする、というのは難しいのでしょうか…。LIVEグッズはブロッコリーの管轄じゃないとか?ムービックなのかな?流石にLIVEグッズとなると規模が大きすぎるんだろうか…。あと、今回ペンライトの完売スピードはやすぎるし、周りに6thのペンライト持っている方少なすぎて…。多少チケット高くなっても構わないからカルライみたいにペンライト付ければいいのになあ、と思いました。

 

*1:LIVEではなくAnime Japanになってしまうのですが、Giftブースのスタッフさんはてきぱきと列形成してくださいました。